楽天お買い物マラソンで散財

近々にバイク買うので用品を購入しました。

今月で楽天モバイル解約するかもなので、ここで買うしかないかなと。

1.ヘルメット

LS2 CHALLENGER F 

ls2helmets.jp

チタニウム色が欲しかったのですが、1割ほど高かったので他色に妥協。

スペインバルセロナに本社がある中華ヘルメットメーカー

韓国のHJCよりはこっちのがいいかなと

学生時代はアライかSHOEIしか選択肢なかったのですが、今回は節約することにしました。お値段は安いですが品質は確かなようです。

 

2.ジャケット

コミネ プロテクトウィンタージャケット

komineshop.shop21.makeshop.jp

こちらも安価なものとしての定番のようです。

昔は(若い人に嫌われるセリフ)プロテクターとかはサーキット走る人しかつけてませんでしたが、いまは教習所でも付けるようですね。

どんなものか楽しみです。

 

3.ライディングシューズ

デイトナ D97208

デザインは趣味じゃなかったのですが、ほぼお値段で決めました。

ライディングシューズの見た目はダサいのが基本です。

 

4.バイクカバー

Homwarm バイクカバー 300D

シルバーのカバーの方が好きなのですが、安かったのでこちらに。

1年持たないというレビューもありましたが、とりあえず使ってみます。

 

5.ワイヤーロック

バリチェロ スーパーロック

バーロックのがいいかなとも思いましたが、アースロック用として購入。

(追記:アマゾンの方が1000円安く買えました。ポイント考慮しても安い。そしてレビューが散々→壊れる。同じ鍵で開く。防犯性なし。壊れた時ニッパーで切れるのはある意味安心か)

 

6.ブレーキロック

Motoforti ハンドルバーグリップモーターサイクルロック

マジな盗難対策というより、いろいろやってますよという対策アピールですね。

 

7.防犯アラーム

メーカー型番不明

「バイク・盗難対策・アラーム」で検索してでてくるのはだいたい同じような商品ですね。

誤検知が怖いので、自宅ではなく出先での停車時にオンにする形で利用予定です。

リモコンなのでワイヤーロックをかけるより楽という話なので。

 

買わなかったもの

8.グローブ

大学時代のやつがまだ使えそうだったので

9.ライディングパンツ

ジーパンでいいかな

10.工具

検討中。

親元に工具セットまだあるかな。錆びてそうだが。

11.空気入れ

自転車買ったときのやつがバイク対応のはず

12.空気圧チェッカー

送料が高いので、用品店で安いものを買う予定

13.オイルとかメンテ用品

まだ先でいいかな

14.ツーリング用

レインウェア、パンク修理キットあたり?

2022年9月収支

先月に続き別集計の臨時支出として、今月も住民税普通徴収分(4期)8万弱納めました。やっと終わりです。

電気をauでんきに乗り換えしたのが今月まだ集計されていないため今月入っていません。利用額は毎日でてるんですけどね。

支出が10万円から2万円ちょっとオーバーしていますが、医療費、カード年会費を抜いたらちょうど10万円くらいです。

大体10万円の支出、家賃・仕送り除くと4万ちょいで安定ですね。

収入 

給与 非公開

ポイント等 23,531

利息 2,240

貸株金利 3,653

その他 345(宝くじ末等など)

収入合計 非公開

支出

家賃  36,300

仕送り 30,000

水道・光熱費 3,590(電気代なし)

通信費 2,511

医療  12,900

衣服・美容 0

日用品 990

レジャー 0

交際費 0

交通費 0

食費  25,808(外食1,130)

書籍  0

家具・家電 0

保険  0

その他 11,307(カード年会費、為替差損)

支出合計 123,406

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

来年からの投資戦略

今年は強気にスイングしていますが、来年(もしくは再来年に)は暴落来るだろうということで、キャッシュリッチにしていきたいと思います。

何も考えないとすぐキャッシュ尽きるので、買い下がりの目安を考えます。

比率 株+REIT:キャッシュ+債券

年明け1月のスタート時点 50:50

底値想定はナスの高値16000×50%=8000くらいか

いま10000だから、8000底値予想はちょっと早すぎか

現時点の50%で5000としますか。

ナス5000 100:0

ナス6000 90:10

ナス7000 80:20

ナス8000 70:30

ナス9000 60:40

ナス10000 50:50

ちょうどいいですね。

買増しするのは、オルカン、グローバルREIT

ちょっと最近REIT買う気が失せてはいますが

同じように上昇時に株を売っていけばナス15000までならいけますね。

最高値16000までもたないので、売りは少し工夫が必要かな。

セミリタイア資金70%(マイナス3%)

先週からマイナス85万円(´・ω・`)

金曜日は反転予想で買い増ししませんでしたがガッツリ落ちましたね。

残り待機資金も68万円弱と乏しいですが来週も少し買い増ししたいと思います。

セミリタイア資金

■資産状況

日付

投資信託

DC

待機資金

合計

10/1

14,288,071

6,175,993

678,666

21,142,730

9/23

13,968,924

6,347,021

1,678,666

21,994,611

9/17

14,103,383

6,435,864

1,878,666

22,417,913

9/9

14,777,064

6,527,163

1,615,943

22,920,170

9/3

14,026,636

6,306,634

1,745,943

22,079,213

8/27

13,791,872

6,358,643

2,245,943

22,396,458

8/20

13,991,430

6,439,638

2,245,943

22,677,011

 

■積立目途(2022/8/9更新)

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 全世界株式 毎月15万(monex+sbi+楽天)

・ニッセイ グローバルリートインデックスファンド 毎月10万(楽天+sbi)

・持株会 毎月3万(単位株になったら売却して投資信託に追加)

確定拠出年金 毎月2万

合計 毎月30万円

待機資金の追加(2021/12/30更新)

・ラテマネー(コーヒーフィルター使い切ったら1万円)

・持株会の株が単位株になったら売却して待機資金に追加

■スイッチタイミング(2021/12/30更新)

債券の利率が高くなってきたら投資信託のスイッチを行います。

全世界株式をメインでスイッチし、リートは利率が債権の利率に負けてるようであればスイッチ。

年金受給開始して生活が安定するようであればそこからはバランスファンドにスイッチ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

債券の効果

確定拠出年金の状態です。

確定拠出年金

パット見株式の方がええやんと見えますが、債券買ったタイミングだと 株式>債券 で30万円くらい上だったんですよ。

それが 株式<債券 に本日逆転しました。

これがポートフォリオ効果ですね。

利下げフェーズまで債券にしていく予定ですが、逆転額が大きくなるようであれば株式へのスイッチも検討したいですね。

損益マイナスでもストレスなく確定できるのがNISAにはないDCのメリットです。

NISAでもロスカットは躊躇わないつもりですが、ストレスはありますね。

セミリタイア資金73%(マイナス2%)

先週に続きのマイナスで2200万円割れ(´・ω・`)

円高もくれば来週は落ちるナイフ状態になるかもしれませんね(しらんけど)

セミリタイア資金

■資産状況

日付

投資信託

DC

待機資金

合計

9/23

13,968,924

6,347,021

1,678,666

21,994,611

9/17

14,103,383

6,435,864

1,878,666

22,417,913

9/9

14,777,064

6,527,163

1,615,943

22,920,170

9/3

14,026,636

6,306,634

1,745,943

22,079,213

8/27

13,791,872

6,358,643

2,245,943

22,396,458

8/20

13,991,430

6,439,638

2,245,943

22,677,011

 

■積立目途(2022/8/9更新)

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 全世界株式 毎月15万(monex+sbi+楽天)

・ニッセイ グローバルリートインデックスファンド 毎月10万(楽天+sbi)

・持株会 毎月3万(単位株になったら売却して投資信託に追加)

確定拠出年金 毎月2万

合計 毎月30万円

投資信託のスポット購入待機資金の追加(2021/12/30更新)

・ラテマネー(コーヒーフィルター使い切ったら1万円)

・持株会の株が単位株になったら売却してスポット購入

■スイッチタイミング(2021/12/30更新)

債券の利率が高くなってきたら投資信託のスイッチを行います。

全世界株式をメインでスイッチし、リートは利率が債権の利率に負けてるようであればスイッチ。

年金受給開始して生活が安定するようであればそこからはバランスファンドにスイッチ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

商品特性をわかってないのに買うのはどうかと思う

爆損ブログさんから考察ネタとして無断拝借

> TECLは年初来-65%ぐらいになっています。
> と、いいつつ、参考指数の、
> ハイテクETFのXLKは年初来-24%ほど。
> 案外減価の割には参考指数の
> 三倍ほどは下がってないんですね。
「レバ3倍で指数の3倍落ちてないから、指数が戻ったら3倍で爆益やん」という感想なんでしょうが、そんな訳はありません。

具体的に計算してみましょう。

年初を100として5ずつ5回ダウンしたとします。

1回目

指数:評価額95

レバ:評価額285(証拠金85)→評価額修正255

2回目

指数:評価額90

レバ:評価額242(証拠金72)→評価額修正216

3回目

指数:評価額85

レバ:評価額204(証拠金60)→評価額修正180

4回目

指数:評価額80

レバ:評価額169(証拠金49)→評価額修正147

5回目

指数:評価額75

レバ:評価額138(証拠金40)→評価額修正120

シミュレーション結果

指数:マイナス25%に対して、3倍レバ:マイナス60%

指数がリアルより落ちてるのに、シミュレーションの3倍レバはリアルより落ちていません。つまり、リアルは「想定以上に落ちている」という感想が正しいんですよ。

結論はわかっていると思いますが、指数が1回で戻った時にどうなるか。

5回目から戻したとき

指数:評価額100

レバ:評価額160(証拠金80)

現時点では爆益を夢見るのではなく、「指数が戻ったとしても20%以上減価している」という現実を見るべきでしょう。